ブログの記事は完成度60%で投稿しよう

f:id:qweasdzxc-green:20171117002213p:plain

どうも~keyです

 

ブロガーのみなさん、記事書いてますか~~~?

 

 

記事を書くのって、労力が必要ですよね

凝りだしたらキリがない

網羅性やデザイン、言葉選びを細かくしてたらめちゃくちゃに時間がかかります!

(その人のブログの運営方針によっても変わると思いますが)

 

 

記事書こうと思うけど、なんか気が重い

そんな方に提案

 

「完成度60%で投稿しちゃっていいんじゃない?」

 

 

 リライト前提

今回「60%で投稿しよう!」っていってますが、最終的には80、90%に完成度をあげていきます

つまり、リライト前提で執筆して投稿します

 

意識的にはリライト前提で、「今日はとりあえず60%のクオリティで投稿する」っていう感じで書き出すわけです!

 

 

 

書き出しが楽

何がいいかっていうと、書き出す時の気が楽です

 

はじめから凝った記事を書こうとすると、

「あ、あれ書かなきゃ。あ、これも書かなきゃ。あと・・・」

って感じで、書き出す前から気が重くなっちゃいます

 

とりあえず60%で投稿するか~

ってぐらいの気持ちで書き出したほうが、むしろ筆が進みますよ~

 

 

 

成長後の自分に期待

ライティングスキルや思考、テクニックは、特に僕みたいな執筆初心者は、記事を書くごとにどんどん向上していくと思います

(僕はまだ生ゴミレベルですw)

 

何が言いたいかというと、今60→80のクオリティに持っていくより、

3か月後に60→80に持っていく方が労力、時間共にかからないってことです!

 

いま2時間かけてやるより、3か月後に1時間でやっちゃったほうがいいじゃないですか

 

もちろんいま2時間かけて60→80にすることが、将来的な成長につながるってことはあると思います

それについては60%で投稿するというスタイルで、記事をたくさん書いていくことで成長を促進ってことで

 

 

 

新たなアイディアを追加しやすい

リライト前提でパパっと書いていきますよね

そうすると数週間後、数か月後にリライトする必要があります

 

そのリライト時に、追加のアイディアが結構でてくるもんなんですよね

 

進行形で執筆している記事のクオリティを上げようと思ったら、今のネタの練度を上げる形でクオリティが上がっていきます

しかしリライトを積極的に行うことで新たなアイディアを加えることができれば、記事の質のブレイクスルーを生むチャンスになります

 

リライト時に質を上げつつ、新たなアイディアを追加していくほうが長い目でみたらプラスになると思うんですよね

 

 

 

客観的に記事を振り返れる

リライト前提で記事を書くことにより、短いスパンで自分の記事を見直すことになります

 

数週間ぐらい空けて記事を見直すと、自分の記事を客観的に見直すことができます

客観的にみることで、文のつなぎや論理の流れ、言葉遣いの違和感などに、その場で細かくチェックするよりもたくさん気づくことができます

 

100%の状態で記事を投稿するとあんまりリライトする気にならないと思います

リライトを積極的にしようと思えるのが60%で投稿する際のメリットだといえます

 

 

 

戦略的に時間を割ける

ちょっと抽象的な見出しになってしまいました

 

60%で記事を投稿して、後日リライトしていく、っていうのは実はかなり戦略的に時間を使うことができます

説明していきます

 

 

1つの記事を100%のクオリティで出す間に、3つの60%の記事を投稿したとしましょう

実際に費やす時間も妥当な比だと思います

 

 

もしこの100%のクオリティ(のつもり)で投稿した記事が、まったく検索ニーズに合っておらず、もしくは競合ページに勝てずに流入を生まない記事になったら、辛いですよね・・・

 

ここで60%の記事3つの場合

もし2つがまったくアクセスされなくても、1つにある程度感触をつかんだとします

そうするとリライトは、その感触をつかんだ記事を集中的に行っていきます

60%のクオリティの記事でも、ヒット性の記事の場合は何となくアクセス数や読者の反応が良いものです

 

 

以上は100%の記事と60%の記事を1:3で考えましたが、現実的にはもっと大きな数の比になっていきます

60%である程度記事を作っていき、感触のいいヒット性の記事を狙ってリライトしていくことで、戦略的に時間を使っていくことができます

 

 

 

まとめ

f:id:qweasdzxc-green:20171117002155j:plain

時間を持て余しているなら、すべての記事に時間をかけて毎回投稿する記事のクオリティを100%で出せるのがベストなんです

現実的にはそんな時間ないですよね(笑)

 

60%で投稿するっていうのは、時間が限られている中である程度のクオリティで数をこなし、リライトを戦略的に行うことで結果的にアクセスを生む記事を生んでいくための作戦の一つです

 

 

正直、最初に書いたように、ブログの運営方針によりますけどね!

ごりっごりのアフィリエイトサイトなら、60%の投稿じゃあ上位検索されにくいからヒット性のあたりも何もなく、ただのゴミ記事が増えていくだけになってしまうかもしれません・・・。

 

僕のブログみたいな雑記ブログだと、結構相性がいいです

すごくニッチなキーワードの記事を書きやすいですから

記事のクオリティが低くても、ネット上の需要と供給の不一致の点を突けばヒット性の記事は出ます

 

ノーパンの記事とか、まさしくそうです(笑) 

www.gintyos.com

 

 

 

とまぁつらつらと書いてきましたが、個人ブログだし、思ったことをてきとうにぶちまけるぐらいがちょうどいいのかもしれませんねwww

 

 

おわりっ