大学院生が1週間の勉強でFP3級を取ったから具体的な勉強法や対策を伝えたい

f:id:qweasdzxc-green:20180611001852j:plain

 

ども~銀ちょす(@gintyous)ッス!

 

 

タイトルの通り、1週間の勉強でFP3級を取得しました!

(ちなみに僕はガッチガチ理系の院生で、FPの試験内容の知識にはまったく触れてこなかったタイプの人種)

 

 

あなたのファイナンシャルプランナーという資格に対するイメージはどうですか?

 

  • 「ファイナンシャルプランナーって名前が難しそう」
  • 「でも誰でも受かるぐらい簡単って聞くよね」
  • 「就活のために資格の一つでもとっとく?」
  • 「お金の勉強はして損はないっしょ、ついでに資格とるか」

 

こんな感じ?ちなみに僕は↑こんな感じでした(笑)

 

 

実際に取ってみた感想としては、

試験自体はそれなりに簡単!
就活ではそんなに評価されないだろうけど、お金の勉強にはなったかな!

 って感じです

 

 

今回の記事は、

これからFP取ろうかなって思ってるから、具体的な勉強のやり方が知りたい!

って方に向けた記事です

 

受験者の方は、ゆっくり読んでみてください(´_ゝ`)

 

 

 ファイナンシャルプランナーって?

f:id:qweasdzxc-green:20180611002348p:plain

FPとは、一人ひとりの将来の夢や目標に対して、お金の面で様々な悩みをサポートし、その解決策をアドバイスする専門家です。個々人や家族のライフプラン(人生設計)に基づく将来の収支の見通しを立て、最適な資産設計・資金計画を提案、アドバイスを行い、その実行をサポートします。そのため、FPはお金の面から家計の改善を図る「家計のホームドクター®」とも呼ばれています。

FPは職業の名称で誰でも名乗ることができます。ただし、「くらしとお金」に関するアドバイスは多岐にわたるため、FPには年金や保険、資産運用、税制、住宅ローン、相続など、幅広い専門知識が求められます。そこで、「くらしとお金」に関する様々な専門知識を有していることを証明するのがFP資格です。

参照:ファイナンシャル・プランナーについて | 日本FP協会

 

長いですね

一言でいうとお金に関するアドバイスをする専門家ってことです

 

先に言っておくと、3級程度では人にアドバイスなんて無理ですよ、無理(笑)

ただ、大枠は学べるので自分のお金に関する将来の方針は決めやすくなりますよ

そういう意味で、3級の取得を通じてお金の勉強になります

 

 

 

受験の動機

f:id:qweasdzxc-green:20180611002247p:plain

僕の受験の動機を軽く書いていきます

 

「受かるための勉強法とかを教えろ!」って人は読み飛ばしてください(笑)

 

 

FPの試験内容は、これから生きていく上でいつか必要になると思ったんですね

株式投資や資産設計、税金の計算や保険なんかは確実に人生に関係してきます

相続はあんまりないかもしれませんが・・・

 

まぁそれらの専門家になりたいってわけではなくてですね

パッと目の前に情報が出されたとき、吸収の仕方が違うじゃないですか

 

保険の話を聞くときとか、家のローンがこんな感じになりますがどうですか?って言われたときとかね

 

つまり、生きていく上で無知が故に損をしたくなかったってことですね

 

 

将来的に家族を持ったり、もしくは上司になったり、会社を持ったり、まぁどうなるかはまだわかんないですが(笑)

 

そのような責任を持つ立場になった時に、自分の無知で身内に被害を被らせるわけにはいかないよね、っていう意識があって

 

そんな頼りない人間にはなりたくなくて、とりあえず常識程度の知識を得るためにFPをとるか、っていう流れで受験することにしました(´_ゝ`)

 

 

 

試験合格に向けて

f:id:qweasdzxc-green:20180611002400p:plain

まぁ資格に関する細かいことはあんまりぐだぐだ言っても仕方ないですよね

 

合格するために必要なステップを書きます

 

  1. FPの受験を申し込む
  2. 教科書・問題集を購入して勉強
  3. 仕上げにアプリで過去問しまくる
  4. 受験日当日

 

まぁざっとこんな感じです

 

僕自身、FPの受験をすることを決めて、いくつか勉強法を知るためにざっとサイトを巡ったことがあります

大体みんな同じことを書いてるんですけど、その時に知れなかったのがアプリ

あとで説明しますが、アプリはマジで使った方がいいですマジで

 

 

 

FPの受験を申し込む

ここでまず悩むんですよ(笑)

 

資格を実施している団体がまさかの2つあるんですよ!

「日本FP協会」と「金融財政事情研究会」

 

どっちでも受験できるんです

 

「ほなら、どっちがええねん?」

ってなって、調べますよね

 

 

もう、その時間が無駄!!!!

 

マジでどっちでも一緒

ちなみにどっちの団体で3級を取っていても、2級はどちらでも受験できます

 

試験内容は異なりますが、試験範囲は一緒なので本当にどっちでも同じ

違いをググる時間を勉強に当てた方がいくぶん有意義です

 

 

僕は金融財政事情研究会(金財)で受験したので、一応これから書くことは金財だと思ってみてくれたらと思います

 

ということで、金財のHPがこちら

一般社団法人 金融財政事情研究会

 

 

受験をしようか悩んでる方は、もうパパっと受験申込しちゃいましょう

と、言いたいところですが、申込できる期間があります

 

最寄りの試験日を確認して、申込時期になったら申し込みましょう

受験料は6000円です

 

 

 

教科書・問題集を購入して勉強

f:id:qweasdzxc-green:20180611002227p:plain

教科書と問題集を購入

さて、教科書と問題集を買いましょう!

ノートはいらないです

基本的には赤シートを使いながらテキストを見て理解し、覚えていきます

 

問題集や過去問を解くときに紙があれば便利ですが、チラシの裏やコピー用紙で事足ります

ノートを買っても、何ページも余ってもったいないことになると思います

 

 

 

さて、僕が使用した教科書と問題集はこちら

f:id:qweasdzxc-green:20180611001916j:plain

 

僕が使用した、って言い方をしましたが、試験日の会場を見渡すと、
受験者のほとんどがこのシリーズでした(笑)

 

受験のために必要な本はこの2冊だけでOKです

 

 

 

さて、さっそく勉強法をお伝えしたいと思います!

といっても、一人一人、一日に使える時間は異なります

僕は大学院生でちょうど時間がある時だったのでまとめてできました

しかし社会人の方なんかは時間がないですよね

 

ということで、勉強のスケジュールパターンを2つ用意しました

特急パターンと各駅パターンですね

先にスケジュールを書いて、後で具体的なやり方を書いていきますね

 

このスケジュールは、全力集中したときのパフォーマンスを前提に書いてます

あんまり集中せずにゆるゆるしたい人は、時間×1.5倍ぐらいで考えたらいいと思いますよ

 

 

特急スケジュール(1日2,3時間コース)

教科書1周目:1日3時間勉強、2日で終了

教科書2周目:1日3時間勉強、1日で終了

問題集1周目:1日3時間勉強、2日で終了

過去問2年分:1日2時間勉強、2日で終了

合計19時間、7日で終了

 

 

各駅スケジュール(1日1時間コース)

教科書1周目:1日1時間勉強、6日で終了

教科書2周目:1日1時間勉強、3日で終了

問題集1周目:1日1時間勉強、6日で終了

過去問2年分:1日1時間勉強、4日で終了

合計19時間、19日で終了

 

 

 

具体的な勉強法

上記の通り、流れとしては

 

教科書2周→問題集1周→過去問

 

って感じです

これだけすれば、とりあえず本番で落ちることはないといっても過言じゃないです

 

 

1周目

1周目は目を通す程度に、って書いてるサイトが多いです

僕は逆に、1周目で全て理解しきるのがオススメ

暗記じゃないですよ、理解です

 

FP自体、思考力を要するような問題はないんです

ほとんど暗記です

1周目で計算や考え方はすべて理解しきった方が、のちのちの勉強スピードを加速させます

 

1周目で考え方や計算などはすべて理解しきることが目標!

 

 

2周目

1周目で計算方法や考え方はすべて理解しているので、

2周目では暗記に徹してください!

FPは細かい数字を覚えなければいけないのが厄介です

逆に、暗記しきっちゃえば怖いものなしです

 

2周目ではある程度暗記していくことが目標!

 

 

問題集

2周目で暗記しようと徹しても、まぁ覚えきるのはきつい

問題集で知識の穴埋めをしていきます

 

僕はこの段階で合格基準である6割ぐらいは取れてたので、

教科書2周をまじめにしておけば合格できなくもないって感じかもしれません

僕は残りの4割が怖かったので、問題集も全力で取り組みました

 

問題集には実技の問題も載っています

金財のもFP協会のも全て載っています

実技の問題は、自分が該当する問題だけでOK

僕の場合は金財の「個人資産相談業務」でした

他の実技の問題はしなくてよし!

 

問題集の解答には、その単元のまとめが載っています

これが、めっっっちゃくちゃ使いやすい

ポイントだけを綺麗にまとめてくれてるので、内容を復習したい時は

問題集の解答のまとめ部分だけ見ればいいと思います

 

問題集では、知識の穴埋めが目標!

 

 

過去問

問題集まですれば、まぁ過去問で8割とれるぐらいの実力はついてると思います

 

でもまぁ、過去問をしないと不安ですよね

問題集に1回分の過去問があります

1回分じゃ心もとない・・・

 

って思ってたら、めちゃくちゃいいアプリがありました

なんと、5回分の過去問が無料でできる!

しかも1問ごとに丁寧な解説付き!!!

「3級FP過去問解説」っていうアプリです

f:id:qweasdzxc-green:20180611002003j:plain

 

 

5回分ついてるといっても、注意すべきことがあります

法律は結構な頻度で改訂されます

したがって、前過ぎる過去問だと内容が今と異なっている可能性があります

もしやるなら、多くみても3回分ぐらいでいいと思いますよ

 

過去問で、最後の仕上げをしていきましょう!

 

 

 

受験日当日

f:id:qweasdzxc-green:20180611002502p:plain

受験での注意

さて、あとは受験するだけです

 

僕がやらかしたミスが2つあるので、お伝えしておきます(笑)

 

  • 理系の人が買わされたような関数電卓はダメ!ということ
  • 証明写真のサイズは履歴書とは違うよ!ということ

 

 

早起きして、さて、がんばるかぁ~~っていう感じで気合ばっちりの朝

 

行く前に改めて受験票を読んどくか、ってことでちゃんと読んでみると、どうやら関数電卓はダメっぽい・・・

 

理系の人は、おそらくほとんどの人が大学入る時に関数電卓を買うと思います

あの電卓を受験の時に持って行く予定でした、OUT!

 

当日の朝に証明写真を貼ろうと思っていましたが、サイズが履歴書のサイズと異なることも当日に判明しました、OUT!

 

 

受験日当日の朝に急いで証明写真撮って電卓を買いに走りましたわ(アホ)

 

読んでくれている読者の方は気を付けてくださいね

 

 

 

当日の流れ

当日の流れとしては、

朝に学科を2時間

昼から実技を1時間

って感じ

 

特に受付はなく、受験票に書いてる番号の席に時間までに着くだけです

 

過去問してたら何となく実感が沸くと思いますが、学科は30分で解き終わります(笑)

1時間で退出できるので、退出してゆっくりしましょう

 

昼休みとはやめに退出した時間を合わせると、めちゃくちゃ時間が余ります

時間を潰す方法を考えておいた方がいいかもしれません

 

僕はアプリの実技の過去問を1回分したあとはyoutubeみてました

 

 

周りをみわたすと、20代の学生や社会人が多いかなぁ?っていう印象でした

もちろん30代、40代、50代の方々もいらっしゃいましたが、若い世代が多いイメージ

なのであんまり緊張せず気楽にできましたね

 

 

 

まとめ

f:id:qweasdzxc-green:20180611002515p:plain

FPは生きていくうえで必要なお金の勉強になるし、国家資格だから悩んでるなら取ればいいと思います!

 

範囲はかなり広いですが、浅いので誰でも時間をかければ受かります

 

僕は勉強してよかったと思ってます

2級も受験する予定です

 

興味がなければ勉強途中に飽きてきますが、人生の糧だと思ってがんばりましょう!

 

 

終わり