【英語速読トレーニングおすすめ本】TOEICを最後まで解けるになるために!

f:id:qweasdzxc-green:20181231233059j:plain


 

 

ども~銀ちょす(@gintyous)ッス!

 

 

僕は現在、大学院生

 

就活を控えてTOEICをちょこちょこ受験しています

 

僕と同じように就活や授業の単位のためにTOEICを受験している大学生、多いんじゃないでしょうか

 

 

どうですか?TOIEC

最後まできちんと解けてますか?

 

僕は解けてませんw

 

PART7の最後は塗り絵になっちゃってますね、塗り絵

 

 

僕の点数は700ちょいですが、最後まで解けきれてません

語彙力やリスニングは問題ないんです

 

 

つまり、リーディングの練習不足

 

読むスピードと理解力をあげるには、それ相応のトレーニングが必要です

 

 

 

ということで、速読のトレーニングのために読んだ本がこちら

f:id:qweasdzxc-green:20181231212936j:plain

 

 WPMが何かというと、1分あたりにどれくらいの単語を読めるか?という指標です

 

WPM=100だとしたら1分間に100個の単語が読めるということ

 

この本は、このWPMをあげることを目標としてトレーニングしていきます

 

 

ちなみに日本の大学生のWPMの平均は80〜100

中学生のネイティブスピーカーが200〜って感じらしい

 

ほんで、TOEICを最後まで解き終わるには150必要とのこと

 

最後まで解くには、一般的な大学生はざっくり今より1.5倍早く読めるようになる必要があるってことですね

 

 

 

で、読了した僕がどうなったのかというと、WPMがだいたい20〜30上がりました(最初は110〜120くらいでした)

 

僕みたいに今まで速読トレーニングに取り組んだことのない人は顕著に結果がでる気がします

 

 

今回の記事は、この本の特徴とか感想とかをさらっと書いていきますね

 

 

目次

第1章 WPM=自分の読む速さを知る

第2章 「早く読むために」英語を前から読むためのヒント

第3章 短めの文を速読してみよう

第4章 Part7の英文を速く読む

 

 

全体の流れ

全体の本書の流れは、目次にある通り

 

まずは、速読するための簡単なコツの説明

次に短い文章で速読の練習

最後にPART7の文章を使って速読の練習、といった流れ

 

 

練習の章では、例文がずらーっと提示されてその後ろに和訳・解説がずらーっと並んでる感じ

 

解説が丁寧なので、読む時のコツをパターン化して理解していくことができます

 

 

最低限のボキャブラリーは前提

本書を読むのは、最低限のボキャブラリーは学習済みというのが前提ですね

いちいち単語の和訳などの説明はなかったですから

 

本書に出てくる文章はTOEICに沿った内容なので、ボキャブラリーが不安な人は先に金フレ(TOEICの単語帳ならコレ!っていう本)をやりましょう

 

 というか、速読トレーニングをしようとしまいと、TOEIC受験者で金フレ持ってない人はかなり損してますね

そのレベルのおすすめ本

 

 

英語を英語のまま訳す

日本語と英語は、ご存知の通り、語順が異なります

 

日本の義務教育では、和訳する際は日本語の語順にして訳します

 

 

これが良くない

英文を見た時に英語の語順のまま理解する力が養われないんですよ

 

これを本書のトレーニングで矯正することができます

 

単純な英語を読む速さだけではなく、英語を英語のまま理解するトレーニングをしていきます

 

 

英語できる人が無意識にしてる読み方を言語化してくれてます

 

基本的にはスラッシュリーディングってやつですが、動詞への意識の向け方など、新しい視点が得られました

 

 

WPMを毎回簡単に確認できる

3章では約100ワード、4章では約200ワードの練習問題が並んでいます

 

で、それぞれの練習問題を解く時、毎回時間を測定します

そして測定した時間からWPMを確認します

 

その際に、添付のグラフがめちゃくちゃ使いやすい

f:id:qweasdzxc-green:20181231231638j:plain

測定した時間が左の軸

それに該当する右の軸の数値が、その問題を解いた時のWPMになります

(画像の点は前に使ってた持ち主が記入してやがった)

 

 

少しずつ自分のWPMが早くなっていくことが体感できてモチベーションが下がりにくかったです

 

 

まとめ

今回は、TOEICを最後まで解けるようになるための速読トレーニングの本の紹介でした

 

最初にも言いましたが、トレーニングした経験がない人は、これ1冊でも効果が実感できるぐらい成長できます

 

TOIECを最後まで解ききれてない方は、参考にしてみてください

 

 

おわり